平成29年分(平成30年3月申告)、所得税確定申告書の作成と提出代行の受付開始


★平成29年分(平成30年3月申告)、所得税確定申告書の作成と提出代行の受付を開始いたしました。



今年もいよいよ確定申告の時期となりました。平成29年分(平成30年3月申告)の申告期間は、2018年2月16日(金)から3月15日(木)となります。なお、還付申告については2018年2月15日(木)以前でも可能です。



柳会計・名古屋北税務署正面電柱.jpg


確定申告・限定のご案内です

 

給与所得のお客様、年金所得のお客様、
雑所得(支払調書がある場合のみ)のお客様に向けて

 

  • 確定申告の手引きを読んでも意味が分からない
  • 相談のために税務署に行ったら2時間も待たされた
  • 自分で計算するよりプロに任せた方が安心できる
  • 思いのほか計算が複雑で難しい
  • そもそも確定申告してる時間が無い

 

あと1カ月しかないし、弱ったなあ!?





大丈夫です。

面倒な確定申告の手続きは柳会計にお任せください。


確定申告でお困りなお客様、お時間のとれないお客様に代わって、税理士が難しい確定申告書の作成と提出を代行いたします。


源泉徴収票や医療費の明細書、不動産売買の契約書等、申告に必要となる資料をご用意して頂くだけで、慣れないと難しい確定申告の作業を税務署へ提出する申告書作成と提出を税理士が代行いたします。


税理士事務所に支払う費用も分かりやすくてシンプル。決して高い金額ではありません。




お値打ちな限定料金でご依頼の出来るお客様は下記に示すお客様です

  • 会社勤めのサラリーマンの方で主たる会社以外に、他の会社からも給料がある方
  • 会社勤めのサラリーマンの方で給与収入以外に、副業による収入(原稿料、講師謝金、相談料など)がある方
  • 年の途中で退職したため、年末調整を受けていない方
  • 申告すれば医療費控除での還付が受けられる方
  • 保険満期金での収入がある方     



確定申告書の作成・提出の代行にかかる料金表
確定申告書の作成・提出代行にかかる費用について



私どもがお客様から頂きます確定申告書の作成・提出代行料は、基本料金所得種類ごとの加算料金控除種類ごとの加算料金の合計となります。なお、料金はすべて消費税抜での表示です。税理士への支払いには別途消費税が必要となります。

基本料金


基本料金 10,000円消費税抜き



所得種類ごとの加算料金

 

所得の種類 加算料金
給与所得があり、源泉徴収票がある場合(2か所給与、退職者等) ・給与所得の源泉徴収票が3枚以上ある場合、3枚目から1枚につき1,000円が加算されます。
年金収入がある場合 ・源泉徴収票が3枚以上ある場合、3枚目から1枚につき1,000円が加算されます。
満期保険金の収入がある場合 ・満期保険金の支払通知書が3枚以上ある場合、3枚目から1枚につき1,000円が加算されます。
報酬、(料金の支払調書がある場合のみ) ・報酬の支払調書が3枚以上ある場合、3枚目から1枚につき1,000円が加算されます。


加算料金見出し

控除種類ごとの加算料金

 

税額控除の種類 加算料金

医療費控除 ・医療費の領収書整理と支払金額の集計が出来ている場合は無料。なお、支払金額の集計とは、ご家族ごとに医療機関別に集計してある場合を指します。 ・医療費の領収証整理と支払金額の集計が出来ていない場合には、領収書1枚につき100円が加算されます。



注意事項


  • 申告書は電子申告にて行います。初めて電子申告をご利用の場合には届出の代行を可能です。
  • すでにご自分で電子申告e-TAXの利用開始届を提出済のお客様は、届出書の控えが必要となります。
  • 電子申告ですので、確定申告書作成代行は全国対応しております。
  • 必要書類がご不明の場合には、柳会計までお尋ねください。
  • 柳会計ではお客様から頂く税理士報酬は明瞭、シンプルな料金体系を心掛けております。ご不明の場合にはお問い合わせフォームからお尋ねください。
  • 税理士報酬は銀行振り込みにてお願いいたします。その際の振込料はお客様のご負担とさせて頂きます。


お問い合わせはお電話、お問合せフォームから。お電話の場合には最初にホームページを見ましたとお伝えください。担当 やなぎ かずひさ


お気軽にご相談ください
052-912-0012

受付時間 : 9:00〜18:00

土日祝日は休み

→お問合せフォームからのご相談はこちらからお願いいたします。



柳会計ホームニュース用.jpg

確定申告決算、贈与税の申告なら名古屋税理士会名古屋北支部所属 柳会計まで